スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

非現実的な夢想家として6

最初にも述べましたように
我々は
「無常(mujo)」
という移ろいゆく儚い世界に
生きています。
生まれた生命はただ移ろい
やがて例外なく滅びていきます。
大きな自然の力の前では
人は無力です。
そのような儚さの認識は
日本文化の基本的イデアの
ひとつになっています。
しかしそれと同時に
滅びたものに対する敬意と
そのような危機に満ちた脆い
世界にありながら
それでもなお
生き生きと生き続けることへ
の静かな決意
そういった前向きの精神性も
我々には具わっているはずです。
僕の作品が
カタルーニャの人々に評価され
このような立派な賞を
いただけたことを
誇りに思います。

我々は住んでいる場所も
遠く離れていますし
話す言葉も違います。
依って立つ文化も
異なっています。

しかしなおかつそれと同時に
我々は同じような問題を背負い
同じような悲しみと喜びを
抱えた世界市民同士でもあります。
だからこそ
日本人の作家が書いた物語が
何冊もカタルーニャ語に
翻訳され
人々の手に取られる
ことにもなるのです。

僕はそのように
同じひとつの物語を
皆さんと分かち合えることを
嬉しく思います。
夢を見ることは
小説家の仕事です。
しかし我々にとってより
大事な仕事は
人々とその夢を
分かち合うことです。
その分かち合いの感覚なしに
小説家であることはできません。
カタルーニャの人々が
これまでの歴史の中で
多くの苦難を乗り越え
ある時期には苛酷な目に
遭いながらも力強く生き続け

豊かな文化を護ってきたことを
僕は知っています。
我々のあいだには
分かち合えることが
きっと数多くあるはずです。

日本で、このカタルーニャで
あなた方や私たちが等しく
「非現実的な夢想家」
になることができたら
そのような国境や文化を
超えて開かれた
「精神のコミュニティー」
を形作ることができたら
どんなに素敵だろうと
思います。

それこそがこの近年
様々な深刻な災害や
悲惨きわまりないテロルを
通過してきた我々の
再生への出発点に
なるのではないかと
僕は考えます。

我々は夢を見ることを
恐れてはなりません。

そして我々の足取りを
「効率」や「便宜」
という名前を持つ
災厄の犬たちに
追いつかせてはなりません。

我々は力強い足取りで
前に進んでいく
「非現実的な夢想家」
でなくてはならないのです。

人はいつか死んで
消えていきます。

しかしhumanityは残ります。
それはいつまでも
受け継がれていくものです。

我々はまず
その力を信じるもので
なくてはなりません。

最後になりますが
今回の賞金は
地震の被害と
原子力発電所事故の
被害にあった人々に
義援金として
寄付させていただきたいと
思います。

そのような機会を
与えてくださった
カタルーニャの人々と
ジャナラリター・デ・カタルーニャのみなさんに
深く感謝します。

そして先日の
ロルカの地震の
犠牲になられたみなさんにも
深い哀悼の意を表したいと
思います。
(バルセロナ共同)


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

simosima

Author:simosima
こんにちは。
こちらは役者 下嶋亜由美のブログです。
現在舞台中心に役者として活動中!

時々、デモモデルもやってます♪

ホームページも公開中!
遊びに来てください♪
『SimoSima Web Site』は
ココをクリック!!!

*お問合せ*
しもしまへのメールお待ちしています♪
 → メールをおくる

☆yahooメールからお返事します☆

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。