スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

非現実的な夢想家として2

にもかかわらず、
東京都内だけで
1300万人の人々が
今も
「普通の」
日々の生活を送っています。

人々は相変わらず満員電車に
乗って通勤し、
高層ビルで働いています。

今回の地震のあと、
東京の人口が減ったという
話は耳にしていません。

なぜか?
あなたはそう尋ねるかもしれません。

どうしてそんな恐ろしい場所で
それほど多くの人が当たり前に
生活していられるのか?
恐怖で頭がおかしくなって
しまわないのか、と。

日本語には
無常(mujo)
という言葉があります。

いつまでも続く状態
=常なる状態はひとつとしてない、

ということです。
この世に生まれた
あらゆるものはやがて消滅し
すべてはとどまることなく
変移し続ける。

永遠の安定とか、
依って頼るべき不変不滅の
ものなどどこにもない。

これは仏教から来ている
世界観ですが、
この「無常」という考え方は
宗教とは少し違った脈絡で、
日本人の精神性に強く
焼き付けられ、
民族的メンタリティーとして、
古代からほとんど
変わることなく
引き継がれてきました。

「すべてはただ過ぎ去っていく」
という視点は、
いわばあきらめの世界観です。
人が自然の流れに逆らっても
所詮は無駄だ
という考え方です。

しかし
日本人はそのような
あきらめの中に、
むしろ積極的に美のあり方を
見出してきました。

自然についていえば、
我々は春になれば桜を、
夏には蛍を、
秋になれば紅葉を愛でます。

それも集団的に、習慣的に、
そうするのがほとんど
自明のことであるかのように、
熱心にそれらを観賞します。

桜の名所、
蛍の名所、
紅葉の名所は、
その季節になれば混み合い


ホテルの予約をとることも
むずかしくなります。

どうしてか?

桜も蛍も紅葉も、
ほんの僅かな時間のうちに、
その美しさを失ってしまうからです。

我々はそのいっときの
栄光を目撃するために、
遠くまで足を運びます。
そしてそれらがただ
美しいばかりでなく、
目の前で儚く散り、
小さな灯りを失い、
鮮やかな色を奪われていく
ことを確認し、
むしろほっとするのです。

美しさの盛りが通り過ぎ、
消え失せていくことに、
かえって安心を見出すのです。
そのような精神性に、
果たして自然災害が影響を
及ぼしているかどうか、
僕にはわかりません。
しかし我々が次々に
押し寄せる自然災害を
乗り越え、
ある意味では
「仕方ないもの」
として受け入れ、
被害を集団的に克服するかたちで、
生き続けてきたのは確かなところです。
あるいはその体験は、
我々の美意識にも影響を
及ぼしたかもしれません。

今回の大地震で、
ほぼすべての日本人は
激しいショックを
受けましたし、
普段から地震に馴れている
我々でさえ、
その被害の規模の大きさに、
今なおたじろいでいます。
無力感を抱き、
国家の将来に不安さえ感じています。

でも結局のところ、
我々は精神を再編成し、
復興に向けて立ち上がっていくでしょう。

それについて、
僕はあまり心配してはいません。

我々はそうやって
長い歴史を生き抜いてきた
民族なのです。

いつまでもショックに
へたりこんでいるわけには
いかない。

壊れた家屋は建て直せますし
崩れた道路は修復できます。

結局のところ、
我々はこの地球という惑星に、
勝手に間借りしているわけです。

どうかここに住んで下さいと
地球に頼まれたわけじゃない。
少し揺れたからといって、
文句を言うこともできません。
ときどき揺れるということが
地球の属性のひとつなのだから。
好むと好まざるとにかかわらず
そのような自然と
共存していくしかありません。

ここで僕が語りたいのは、
建物や道路とは違って、
簡単には修復できない
ものごとについてです。

それはたとえば倫理であり、
たとえば規範です。

それらはかたちを持つ物体
ではありません。
いったん損なわれてしまえば
簡単に元通りにはできません。
機械が用意され、
人手が集まり、
資材さえ揃えばすぐに
拵えられる、
というものではないからです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

simosima

Author:simosima
こんにちは。
こちらは役者 下嶋亜由美のブログです。
現在舞台中心に役者として活動中!

時々、デモモデルもやってます♪

ホームページも公開中!
遊びに来てください♪
『SimoSima Web Site』は
ココをクリック!!!

*お問合せ*
しもしまへのメールお待ちしています♪
 → メールをおくる

☆yahooメールからお返事します☆

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。