スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

非現実的な夢想家として1

またまた
田窪一世さんのblog
からの引用です。
数回連載形式で
引用するので、
早く続きが読みたい方は
直接アクセスしてみてください


村上春樹:カタルーニャ国際賞スピーチ全文
僕がこの前バルセロナを
訪れたのは2年前の春のことです。
サイン会を開いたとき、
驚くほどたくさんの読者が
集まってくれました。
長い列ができて、
1時間半かけてもサイン
しきれないくらいでした。

どうしてそんなに
時間がかかったかというと、
たくさんの女性の読者たちが
僕にキスを求めたからです。
それで手間取ってしまった。
僕はこれまで世界のいろんな
都市でサイン会を開きましたが、
女性読者にキスを求められたのは、
世界でこのバルセロナだけです。
それひとつをとっても、
バルセロナがどれほど素晴らしい
都市であるかがわかります。
この長い歴史と高い文化を
持つ美しい街に、もう一度
戻ってくることができて、
とても幸福に思います。

でも残念なことではありますが、
今日はキスの話ではなく、
もう少し深刻な話をしなくてはなりません。ご存じのように
去る3月11日午後2時46分に
日本の東北地方を巨大な
地震が襲いました。

地球の自転が僅かに速まり、
1日が100万分の1.8秒
短くなるほどの規模の地震でした。
地震そのものの被害も甚大でしたが、
その後襲ってきた津波は
すさまじい爪痕を残しました。
場所によっては津波は39mの
高さにまで達しました。
39mといえば、
普通のビルの10階まで
駆け上っても助からない
ことになります。
海岸近くにいた人々は逃げ切れず、
24000人近くが犠牲になり、
そのうちの9000人近くが
行方不明のままです。

堤防を乗り越えて襲ってきた
大波にさらわれ、
未だに遺体も見つかっていません。
おそらく多くの方々は冷たい
海の底に沈んでいるのでしょう。
そのことを思うと、
もし自分がその立場になって
いたらと想像すると、
胸が締めつけられます。
生き残った人々も、
その多くが家族や友人を失い、
家や財産を失い、
コミュニティーを失い、
生活の基盤を失いました。
根こそぎ消え失せた集落もあります。
生きる希望そのものを
むしり取られた人々も、
数多くおられたはずです。

日本人であるということは、
どうやら多くの自然災害と
ともに生きていくことを、
意味しているようです。

日本の国土の大部分は、
夏から秋にかけて、
台風の通り道になっています。
毎年必ず大きな被害が出て、
多くの人命が失われます。
各地で活発な火山活動があります。

そして
もちろん地震があります。
日本列島はアジア大陸の
東の隅に、4つの巨大な
プレートの上に乗っかるような
危なっかしいかっこうで位置しています。

我々は言うなれば、
地震の巣の上で生活を
営んでいるようなものです。

台風がやってくる日にちや
道筋はある程度わかりますが
地震については予測が
つきません。

ただひとつわかっているのは
これで終りではなく、
別の大地震が近い将来、
間違いなくやってくる
ということです。

おそらくこの20年か30年
のあいだに、
東京周辺の地域を、
マグニチュード8クラスの
大型地震が襲うだろうと、
多くの学者が予測しています。
それは10年後かもしれないし、
あるいは明日の午後かもしれません。

もし東京のような密集した
巨大都市を、
直下型の地震が襲ったら、
それがどれほどの被害をもたらすことになるのか、
正確なところは誰にもわかりません。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

simosima

Author:simosima
こんにちは。
こちらは役者 下嶋亜由美のブログです。
現在舞台中心に役者として活動中!

時々、デモモデルもやってます♪

ホームページも公開中!
遊びに来てください♪
『SimoSima Web Site』は
ココをクリック!!!

*お問合せ*
しもしまへのメールお待ちしています♪
 → メールをおくる

☆yahooメールからお返事します☆

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。